パソコンと机の関係

パソコンの性能を例えたりするのに、よく机で例えることがあります。
まずはHDDです。
これはハードディスクドライブのことで、どれだけのデータを溜め込むことができるかというものです。
机においては、引き出しに例えられます。
引き出しに入る量が多ければ多いほど、多くのデータを収納することができるというものです。
次に、メモリです。
メモリは4ギガとか8ギガというように言われております。
この数字が大きければ大きいほど、処理能力が高くなるといわれております。
机に例えるならば、これは机の上です。
机の上が広ければ広いほど、一度に色々な資料を広げられます。
一度に色々な資料を広げられれば、仕事も速くなるというものです。
そしてCPUというのがあり、パソコンにおいては頭脳にあたる部分です。
これは、机に座って作業をしている人間に例えることができます。
HDDも少なく、メモリが少ないとしても、机にいる人間が優秀であれば、仕事は速いのです。

pickup

銀座で口コミや評判の高い全身脱毛サロンを集めました!